【エコロジー】ペットボトルごみ、市民1人当たり年間45本に。10年後の排出半減目指し京都市審議会が提言 [記憶たどり。★]

1記憶たどり。 ★2020/10/28(水) 14:17:01.21ID:BBNcrmBK9 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/381867

京都市廃棄物減量等推進審議会は、ごみの減量とリサイクルを促す新たな「市循環型社会推進基本計画」
の策定に向けた提言を市に答申した。国際問題となっている海洋汚染の原因とされるプラスチックごみを減らすため、
10年後に家庭から排出されるペットボトルを半減させて市民1人当たり年間45本に、レジ袋使用量は8割減らし、
同35枚を目指すよう求めている。

現行計画は、市が処理するごみの量をピーク時の82万トン(2000年度)から半減する目標を立てた。
家庭ごみ袋の有料化や分別リサイクルなどの施策を進めた結果、18年度にごみの量は41万トンとなり目標を達成した。
計画期間が本年度で終了するため昨年9月、来年度から10年間の新たな基本計画のための提言を審議会に諮問していた。

クリックお願いします!!

にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村


2chまとめランキング

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です