【ヒ素カレー】「毒物カレー事件は終わってない」 SNSで戦う長男 和歌山 [ブルーベリーフラペチーノうどん★]

1ブルーベリーフラペチーノうどん ★2020/07/24(金) 12:09:50.76ID:6pRynnFE9 スマホを手にする林真須美死刑囚の長男。母親との手紙のやり取りなどをツイッターに投稿している=和歌山市

1998年に和歌山市で起きた毒物カレー事件は25日、発生から22年になる。当時10歳だった林真須美死刑囚(59)の長男(32)は2019年、ツイッターを始めた。無実を訴え続ける母からの手紙などを投稿している。「事件を思い出したくない被害者の方々の意に反するかもしれない。でも、母が戦い続けている限り、家族の中で『終わった事件』にはできない」と複雑な胸の内を語る。

クリックお願いします!!

にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村


2chまとめランキング

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です